がけっぷち30代未婚無職の教員採用試験

30代未婚無職が2017年実施の教員採用試験に挑むブログ

初一人暮らし 通信費編

お久しぶりです。


私は、私立常勤講師の内定もどれにするか決めて、その他の内定は既に辞退しました。
30年以上住んだ今の実家から物凄く離れているので、人生初の一人暮らしになります。
が、おそらく年収が350万円程度しかなく、しかも住宅手当もありません。


教員って1日12時間は働いているらしいので、休日多めで年250日働いたとしても、12×250=3000時間は働きますよね。350万を3000時間で割ると、なんと時給は1166円です。30代男の年収・時給としてはお恥ずかしい限りです。


やっと夢が叶い教員になれるので、給料が安くても頑張れるのですが、そうはいっても人間お金がなければ生活できないのも事実。しかも一人暮らし。収入があまり見込めないなら、支出を減らすしかない。というわけでまずは通信費を減らすことにしました。


まず、昨年12月にスマホをauからmineoという格安sim会社に変えました。
auは通話有料+月間7GBで月7000円払っていましたが、mineoは10分何回でも通話無料+月間6GBで、月3500円くらいです。
(7000-3500)円×12で年間42000円も節約できます。
このmineoの「10分何回でも通話無料」というのが一人暮らし予定にとってはとても大きく、こちらから電話をかけても10分経ちそうになったら一回切れば無限で無料通話ができます。これがあれば固定電話を持つ必要が全くなくなり、固定電話分の通信費が削減できるため、mineoを選びました。
auだけでなくドコモ、ソフトバンクの方も乗り換えられます。ただ、ソフトバンクはiphoneの方のみのようですので、注意してください。



次に、pcのネット代です。最初は光回線を考えたのですが、ほとんどの業者が2年未満で解約すると1万円程度の違約金を取られるようでした。私は常勤講師なので、1年で契約終了です。この時点で2年縛りのある光回線業者はすべてNGになりました。
2年縛りのない光回線業者もわずかに存在して、その中ではDTI光という業者が月額4000円程度で違約金なしなのでよいと思ったのですが、工事費用15000円を取られるので止めました。1年しか住まないかもしれない家に、工事しても仕方ないですよね。


どうしたもんかと思って色々調べていたのですが、次に発見したのが【FUJIWifi】の「モバイルwifiルータ」です。これがあれば、pcとスマホを無線でネットにつなげることができます。1GB、100GB、無制限などから選べますが、私は3番目に大きい月50GBを選択しました。
毎日たっぷりyoutubeで動画を見ても、月50GBを超えることはまずありません。
FUJIWifiは、業界で唯一、違約金がありませんので、1年契約の常勤講師や契約社員の方がモバイルwifiルータを使う場合、業者はFUJIWifi一択だと思います。
費用は月50GBが3100円、盗難紛失保障が320円、(3100+320)*1.08で3,694円です。違約金と工事費がないのに、DTI光より数百円安いですよね。


記事が長くなって申し訳ないのですが、ここからがモバイルwifiルータを使う最大のメリットです。
スマホでネットをするときもこのモバイルwifiルータを経由すれば、スマホのデータ容量プランを一番料金の安いものにできるのです!
mineoは月6GB+通話10分無料だと3500円位ですが、FUJIWifiのモバイルwifiルータを経由すれば月50GBまでpcとスマホでネットにつなげるので、6GBも要らないんですよね。すると、スマホの方を月0.5GBの一番安いプランにできるのです。mineoは元々が安いので大した差にはなりませんが、それでも月2300円位になり、1000円くらい安くなります。正確には、(1310+850+2)*1.08で2,334円です。


まとめると、「スマホをmineoにして、FUJIWifiのモバイルWifiルータに申し込む。スマホとpcはFUJIWifiでネットに接続する。」という方法を取ることにしました。
すると、「月50GBまでネットができる(まず50GBには達さない)。スマホの通話は10分間何回でも無料」という環境は、通信費が月額いくらになるでしょうか?
答えは、3,694円(FUJIWifi)+2,334円(mineo)で、月額6,028円です。これで電話とネットが全て賄えるのであれば、一人暮らしの通信費としては余裕で合格だと思います。


公式サイト:【FUJIWifi】

台風のち曇り

私立のA校とB校に常勤講師(≒契約社員)として採用されました。



選考は次のようなステップで、教員採用試験と似ていました。

A校

1次 個人面接

2次 個人面接+論文+専門筆記+集団討論

B校

1次 個人面接

2次 個人面接+適性検査

3次 個人面接+専門筆記+模擬授業



私は夏の教員採用試験の宿泊やら交通費で30万近く既に使っていました。それなのに、

A校もB校もまたもや遠方なので、落ちてまたお金だけが減っていくのはもううんざりでした。



そのため、新幹線をケチって高速バスや普通列車で行ったり、ホテルに泊まらずにネットカフェに泊ったり、数百円の電車やバスに乗るのすらケチって1時間以上歩いたりして、受けていました。

しかも風邪をひいていたため、バスや電車の中で吐きそうになったり、ネットカフェの中で気持ち悪くて気を失いそうになったりして、途中で行き倒れになるのではないかと思いました。

食事はおにぎり1個とか、マックの100円バーガーとかですませていました。飲み物はペットボトルに水道の水を汲んだりしていました。



しかしなにより辛かったのはそのような経済的貧困や体調不良よりも、どうせ受からないのでは。また落ちるのでは。私は一体何をやっているのだろう…みじめだ…。という精神的な不安でしたね。



常勤講師なんで専任(≒正社員)や教員採用試験よりは選考が甘めであること、

教員採用試験の反省を活かし、どういう言動をすると受かるのかを考え実行したこと、

この2点が採用された理由ではないかと思います。



専任(正社員)への登用率ですが、A校は6割程度だそうです。

(6割は終身雇用となれますが4割は3年以内に首になります。)

B校は分かりません。



公立の常勤講師は、2月~3月にならないと求人の有無が判明しません。

そのため、私立の常勤講師を確保しないと、安心して年が越せなかったのです。

これで少しだけ安心できます。



無職で年金や健康保険すら払えていませんでしたが、来年4月以降は払うことができます。いま虫歯で歯が痛いのですが、保険証がないので歯医者にも行けませんが、4月からは医者に行くことができます。

ようやく少しだけ努力が実り、心の天気は、台風からくもりになりました。

フル演技は駄目

協同出版の面接本(○○県の論作文・面接過去問)に以下のような記述があります。

みなさんはこの記述についてどう思いますか?




『面接試験などの場であがってしまうという人もいるかもしれない。そういう人は、素の自分を出すということに慣れていないという場合が多く、「変なことを言って悪い印象を与えたらどうしよう」という不安で心配になっていることが多い。そういう人は、面接の場では「活発で積極的な自分を演じる」と割り切ってしまうのも1つの手ではないだろうか。自分は演じているんだという意識を持つことで、「自分を出す」ということの不安から逃れられる。また、そういうことを何度も経験していくことで、無理に演技しているという意識を持たなくても、積極的な態度をとれるようになってくるのである。』



賛否両論あると思います。

かつての私は、完全に賛成でした。

コミュ障の私はこの記述を読んで、「そうか、にこにこ・はきはき・熱意的な自分を演じればよいのか! コミュ障の私なんて見られたくないしな!」
と思って、活発で積極的な自分を演じて面接に臨みました。

しかし結果はご覧のありさまです。


面接において、演技や嘘自体は、悪いことではないし、ほぼ必須だと思います。

たとえば、

「あなたは友人からどんな人だと言われますか?」という質問に対して

私がまったく演技や嘘をしないで答えた場合。

「友人がほとんどいないので、どんな人だと言われたことも一回もありません。」

という答えになってしまいますがw、これではまず社交性や協調性の面で採用されないでしょう。

やはり、面接の場では、嘘でも友人が居ることにした方がベターです。


しかし、面接の全てを演技してしまうと、志望動機などコアな部分までもが全て嘘臭くなり、面接官は不審に思います。

私の想いや私が歩んできた人生を、

ポジティブに、

自分の本音で、

相手に伝わるように簡潔に話す。

面接官の心を打つには、演技だけではなく本音を話すことが、必須の行為です。


冒頭の面接本に対し、今の私ならどちらかといえば反対です。そして、こう答えます。

『演技は確かに必要だが、フル演技は駄目。』